~よくあるご質問~
 

陰部のできもの編

 
 
Q1 3日前からあそこが痛くなってきました。なんだか2倍くらいに赤くなってはれ上がっています。治るかなと思ったらだんだんひどくなって、今日は座るのがつらいです。自転車にはもちろん乗れません。診察してもらえますか?

A. はい。可能です。おそらくバルトリン腺のう腫や粉瘤でしょう。初診日当日に手術をご希望の方は事前にお電話でご相談ください。放置すればするほど悪化して治りにくいです。思い立ったらすぐに来院してください。当日手術が不可能、またはご希望でない場合は応急処置も必要です。



 
 
Q2 デリケートゾーンのできもののようですが、多忙です。手術はどの位、時間がかかりますか?待ち時間はありますか?

A. ほとんどの場合が2時間(~3時間)程度で御帰宅いただいています。痛みを軽減するための表面麻酔や点滴に約30分、手術に30分~1時間、術後の安静に1時間を目安としています。腫瘍の大きさや状況によりさらに1時間程度かかる場合もあります。
但し、御予約が取れない場合、順番を待っていただく必要があります。事前にお電話をいただけましたら対応いたしますので、ひとまずご連絡ください。
とりあえず、応急処置をして後日手術可能な状態にする場合もあります。



 

Q3 52歳です。20年ほど前から下にできものが出来始め、だんだん大きくなっていき、今では卵くらいの大きさのものがぶら下がっています。始めはがん検診などの時、産婦人科の先生に診てもらっていたのですが、最近大きくなってしまったので、受診はおろか、恥ずかしくて温泉にもいけません。そちらで手術で取った時に大きな傷になったりしませんか?
 
A. 3cm程度までのできものはなるべく縫わずに手術を行っています。(医療用のテープを貼っていただいています。湿潤法)術後の痛みが軽減され、抜糸の時の痛みもありません。また、傷もほとんどわからない程度に治癒します。大きな腫瘍でも、お話をお伺いする限り、茎があり傷は大きくならなそうです。とりあえずご受診いただき診察の上御相談いたしましょう。
 
 

  
 
Q4 近くの皮膚科で陰部のアテロームと診断されました。時々赤くはれて痛くなることもあり、ついでに3つもあるので手術をしたいと思います。会社が休みの、土曜日でも手術をしていただけますか?
 
A. ご安心ください。土曜日でも行っています。但し、バルトリン腺のう腫や粉瘤の手術などある程度時間のかかる処置施術に関しては、予約に基づく診療を行っています。手術を御希望の場合は、保険外併用療養費として予約料5,500円(税込)(保険外ですので、自己負担額はどのような保険証をお持ちでも同額です。)をご負担頂きます。万が一、予約時間から30分以上お待たせした場合は予約料は徴収しません。予約料は、皆様のご了解を得て徴収させていただくものです。とくに土曜日など、混雑が予想されるなか、施術時間をあらかじめ用意するため、予約料徴収をご承諾ください。
 
 

 
 
Q5 デリケートなところにぶつぶつがたくさんできています。ネットで調べたらどうやらコンジローマのようです。近所のクリニックには恥ずかしくて行けません。クリニック内で知り合いに会ったらどうしようかと不安です。プライバシーが守られるようになっていると書いてありますが、大丈夫ですか?
 
A. 当院では陰部のできものの摘出手術や人工妊娠中絶などは個室の回復室を準備しています。回復室での会計や説明、トイレの時もプライバシーの確保を行っております。プライバシーを特に厳重に重視される方は安心してご来院ください。
 
 
 

 
 
Q6 陰部のできものは、手術になったらいくらくらいかかりますか?
 
A. 日帰りでの手術費用は3割の自己負担で15千円程度(保険適応)が当院の平均です。予約料を含めても3万円弱程度が平均です。
美容目的でない限り、すべて保険適応です。
 
 

 
 
Q7 32歳です。コンジローマが全然治りません。近所の病院に通っていました。電気メスで焼いたと思うのですが、コンジローマがなかなか治らず、最近は病院に行っていません。近頃は椅子に座るのがつらくなり、あそこがえぐれてきました。

A. 当院では、コンジローマに対し、CO2レーザーによる切除蒸散術、ベセルナ
クリームの塗布などの治療を行っています。(保険診療です。初診日でも、レーザー蒸散術を行うことができますので、ご予約ください。)
遠方の方はCO2レーザーの手術のみで来院されても対応しております。(術後の痛みはほとんどありません。)
コンジローマの鑑別には、膣前庭乳頭症という良性の生理的病態(つまり病気ではない)があります。また、子宮頚ガンを起こす高リスク型HPV(ヒトパピローマウイルス)が原因のボーエン様丘疹症という似たような病気があります。
ボーエン様丘疹症は、外陰部にたくさんできる黒色のおできのようなもので、尖圭コンジローマと同じような病気もあります。精密検査をしてもなかなか区別できない場合があります。当院では、ダーマスコピー(皮膚科の道具)やコルポスコピー(婦人科の拡大鏡)を使って常にしっかりとした鑑別診断を心がけております。
 
 

 

Q8 彼氏からコンジローマをうつされました。彼氏が忙しいからとなかなか病院に行きません。私も治療したいのですが、ちはるクリニックでは彼氏も一緒に診てもらえますか?
 
A.  男性の方は、東梅田かなもりクリニックにて治療を行っております。
 
 

 
 
Q9 以前から陰部に黄色の出来物があります。婦人科検診で脂肪の塊と言われて、「放っておいても問題ない」と言われてきました。でも、年々大きくなってきています。本当に放置してもいいのでしょうか?
 
A. あまりよろしくないと思います。まず、脂肪の塊が間違っています。婦人科医によってそのように診断されている方はかなりいらっしゃるように思います。それは、粉瘤(アテローム)と思ってほぼ間違いないでしょう。感染のある(痛い)場合はすぐに治療の対象ですが、そうでなければ経過観察することも多いです。しかし、ご質問は年々大きくなっているとのことですので、いずれ、かなり巨大になって邪魔になることが予想されます。また、かなり稀ですが悪性の腫瘍の場合もあります。
傷が小さくて済むよう、当院で手術(日帰り)ができるうちに手術されることをお勧めします。
 
 

 
 
Q10 肛門から、肛門の中にまでコンジローマがあるようです。他の病院で治療がすべて自費で40万円と言われました。とても高額で払えません。ちはるクリニックではどうなっていますか?
 
A. ご安心ください。当院ではできる限り保険診療を行っております。初回手術時に、ひどい方は5千円の予約料を頂戴しておりますがそれ以外はすべて保険診療であり、数千円~1万円程度で1回の診察料、手術料は済みます。
 
 

 
 
Q11 近くのクリニックでコンジローマの治療の予約をしました。外側を局所麻酔で焼くそうです。すぐに済むと言われました。でも、そこでは表面しか見られていません。ちはるクリニックのホームページを見たら、色んなところに出来ると書いてあります。大丈夫でしょうか?
 
A.  恐らく見逃しています。膣内、外陰部、肛門周囲、肛門内、尿道と全てを診察して初めて診察が出来ていると思ってください。短い時間で済みますが、光を当てしっかり診察が必要です。仮に、ほんの数個のコンジローマであればクリームだけでも治療は可能です。コンジローマに対し、あり得る手段を全て揃えてその中で一番適した治療を行う、それが当医院の方針です。府外から、遠方からの方も多く来院されております。
一度来院されご相談下さい。遠方の方は遠隔診療もご活用下さい。
 
 

  
 
Q12 膣の中にたくさんコンジローマがあるので入院して手術しないと治らないと言われました。ちはるクリニックで治せますか?
 
A. 外来通院で十分治ります。早めに連絡してください。
 
 

 
 
Q13 陰部から肛門周囲まで数年前からずっとかゆくて眠れません。数件の婦人科でカンジダ原因不明、精神的もの、洗いすぎなどと言われました。私は精神的におかしいのでしょうか?
 
A. ひょっとするとカンジダアレルギーかもしれません。当医院には同様の症状を訴えられる方が多く来院されますが、皆さん治っておられます。まずきちんと診断するのが大切です。遠方の方はスマホ診療もできます。
 
 

 
 
 
 
 
 
 


 
 
 532-0024
大阪市淀川区十三本町
2丁目126号 
十三NLCビル5F


電話 06-6195-6886
 
メールによる診察予約や診療内容に関するご質問には対応しておりません。直接お電話にてお問い合わせください。
chiharuclinic@i.softbank.jp
 
 

診療時間

  
月~金曜日 
午前9時~午後1230分 
午後3時~午後6
 
水曜午後は有料予約のみで、一般診療は行っておりません。
 
※午後56時は電話等でのご連絡が必要です。(人数制限あり)
 
 
  
土曜日
午前11時~午後5
 
 休診日
日曜日/祝日
 
有料の予約枠がございます。お電話にてご予約ください。 
手術の方、お時間のない方は有料枠をお取りください。
初診の方で、できものの処置を希望される方は、遠方の方を除き、当日の手術はできません。診察もしくはオンライン診療をされてから処置(手術)予約をおとりします。
 

 

当クリニックは、オンライン診療が可能です。