更年期外来・ホルモン療法

  
45~55歳を更年期と言いますが、この時期は女性ホルモンが少なくなってくる時期です。症状の有無にかかわらず更年期は誰にでも訪れます。
 
女性ホルモンは、いつも同じだけ出ているわけでなく、日々、波のように多くなったり少なくなったり変化し年齢とともに徐々に分泌されなくなっていきます。波の変化に体がついていけなくなり更年期障害がおこります。更年期障害の症状が出る人は20~30%と言われています。
 
更年期になるのは当たり前だから我慢して病院に行かないという考え方は間違っています。薬でホルモンを補ったり漢方薬をはじめると症状が改善される方が多いです。
また、更年期症状で来院された方の中にはうつ病を患っている方もいらっしゃいます。
自分は大丈夫と思わずに早めの受診を心がけてください。
 
当院では女性ホルモンの血液検査・超音波検査を行い、その方に応じた適切な治療を行います。
 

ホルモン補充療法(HRT)

 分泌が低下したエストロゲンなどの女性ホルモンを薬で補っていき、更年期症状を和らげていきます。主にのぼせ、ほてり、発汗などのホットフラッシュや動悸・頭痛・イライラなどの症状がみられ、必要に応じて内服薬や外用剤などで治療します。 

HRTを行う上での注意点

喫煙者の方は副作用として血栓症のリスクが高まるので禁煙をお薦めします。
当院では禁煙外来も行っております。 
 
 
更年期障害の症状
腰や手足が冷えやすい怒りやすくイライラする顔がほてる・汗をかきやすい
頭痛・めまい・吐き気がある寝つきが悪い・眠りが浅い息切れ・動悸・疲れやすい
  
子宮筋腫や子宮内膜症などホルモン治療に向かない方もいらっしゃいます。その場合、当院ではプラセンタ注射療法も行っており、プラセンタは上記にあるような様々な症状に効果的で、個人差はありますが肌のハリや弾力を若々しく保つアンチエイジング効果が期待できます。
 
45歳~59歳方にはプラセンタが保険適用されます。(月に6回~8回の来院が必要)
上記以外の年齢の方や忙しい方、もっと効果を感じたい方には自費もございます。
詳しくはこちら
 
身体症状が表情やお肌に現れてお悩みの方は婦人科と美容皮膚科を併設している当院にご相談ください。
 
 

ホルモン療法

 
当院では更年期障害の治療だけでなくLGBTQの方のためのホルモン療法も行っています
 
ホルモン注射は以下の3種類を取り扱っております
 
プロギノン・デポー10mg                                                                                                                                                                                                                                                             
エナルモンデポー125mg
テストロンデポー250mg
 
 


 
 
 532-0024
大阪市淀川区十三本町
2丁目126号 
十三NLCビル5F


電話 06-6195-6886
 
直接お電話にてお問い合わせください。メールによる予約内容や診療内容に関するご質問には対応しておりません。
chiharuclinic@i.softbank.jp
 
 

診療時間

 
月~金曜日 
午前9時~午後1230分 
午後3時~午後6
 
水曜午後は有料予約のみで一般診療は行っておりません。
 
※午後56時は電話等でのご連絡が必要です。(人数制限あり)
 
土曜日
午前11時~午後5
 
 休診日
日曜日/祝日
 
有料の予約枠がございます。
お電話にてご予約ください。 
 
初診の方で、できものの処置を希望される方は遠方の方を除き、当日の手術はできません。診察もしくはオンライン診療をされてから処置(手術)予約をおとりします。
 

当クリニックはオンライン診療が可能です

Facebook Instagram 更新してます
限定キャンペーン・お知らせ・アンチエイジング・女性が楽しく元気になれる健康情報などを随時更新しています
こちらもぜひチェックしてください