ほくろ・イボ・CO2レーザー
 
 ちはるクリニックでは、COレーザー(炭酸ガスレーザー)も導入致しております。
 
 ほくろイボは炭酸ガスレーザー照射が非常に有効です。(ふくらみがないほくろやイボは、黒い色に反応するYAGレーザーで治療します。 )
 炭酸ガスレーザーは、細胞の水分を一瞬にして蒸散させ、患部組織を取り除きます。その際に、正確にピンポイントで焼くことが出来るので、深部の組織や周囲の正常な組織に余計なダメージを与えません。また、患部周囲の血管も熱凝固作用で固まるので、出血もほとんどありません。一
般的にメスで切除するよりも、炭酸ガスレーザーの方が傷跡も残りづらいです。また、レーザー照射の前には、局所麻酔を行いますので、痛みもほとんどありません。
 
当院で、炭酸ガスレーザー治療をよく行っている婦人科疾患は以下の二つです。
 ①子宮頸部異形成上皮(前がん状態)に対するレーザー照射治療
 ②コンジローマ切除術
時には、女性外性器腫瘍切除、バルトリン腺膿瘍切開術/造袋術の際にも使います。婦人科領域では、一部を除き保険適用となります。

 ほくろ、イボは診察や生検病理組織検査の結果により、レーザー照射を行っています。
小さなほくろは悪性化することはあまりありませんが、大きなほくろは悪性化する頻度がより高くなります。足の裏や手のひらのほくろは悪性化しやすいと言われています。悪性が疑われる場合は、レーザー照射より拡大鏡(ダーマスコピー)や病理診断を優先します。
 イボは、ふつうパピローマウイルス性のイボ(尋常性疣贅)のことを言います。その他に、老化によるイボ(老人性疣贅)、ミズイボ(伝染性軟属腫)などがよくみられます。疣贅には、レーザー照射治療(CO2またはYAGレーザー)のほか、ヨクイニンの内服なども行います。

 
CO2レーザー治療後は、軽いやけどをしたような状態になります。とくに顔などみえる場所では、アフターケアが大変重要になります。しっかりとアフターケアしないと、きれいなお肌になれません。また、ほくろは大きいもの、年月のたったものは再発をしやすいので、再発を防ぐためにもアフターケアをしっかりと行ってください。ウイルス性のイボは、レーザーで取れてもウイルスが完全に排除されるまで再発を繰り返す場合があります。一度の照射で小さくはなりますが、治るまでに何度か照射が必要な場合があります。

 
 


 
 
 532-0024
大阪市淀川区十三本町
2丁目126号 
十三NLCビル5F


電話 06-6195-6886
 
メールによる診察予約や診療内容に関するご質問には対応しておりません。直接お電話にてお問い合わせください。
chiharuclinic@i.softbank.jp
 
 

診療時間

  
月~金曜日 
午前9時~午後1230分 
午後3時~午後6
 
水曜午後は有料予約のみで、一般診療は行っておりません。
 
※午後56時は電話等でのご連絡が必要です。(人数制限あり)
 
 
  
土曜日
午前11時~午後5
 
 休診日
日曜日/祝日
 
有料の予約枠がございます。お電話にてご予約ください。 
手術の方、お時間のない方は有料枠をお取りください。
初診の方で、できものの処置を希望される方は、遠方の方を除き、当日の手術はできません。診察もしくはオンライン診療をされてから処置(手術)予約をおとりします。
 

 

当クリニックは、オンライン診療が可能です。