尖圭コンジローマ

  
尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルス(HPV) の感染が原因です。 
初期はできものがあるというだけで、無症状または少しかゆい程度の方がほとんどです。性交渉により感染し、パートナーにも症状が出ることがあります。
表面の皮膚に出るものはトゲのある白や灰色のかたい小さなできもの、または肌色のかたくて丸い小さなできものです。全体的に触るとコリコリとした芯のある肌触りで、粘膜に出るものはヒガンバナのような様相です。
 
1~2個のコンジローマの方から、陰部全体に広がり太ももまで広がっている方もおら
れます。外陰、膣内、肛門内のコンジローマもすべて対応しています。他院では入院が必要となることもありますが、当院では手術が必要な場合でも日帰りで行うことができます。予約状況や症状によっては即日対応もしております。
 
またコンジローマと併発し上皮内腫瘍やボウエン様丘疹症などが隠れていることがあります。おかしいなと思ったら早めに受診してください。当院では病理検査を行っています。他院での診断が不安な方などはセカンドオピニオンにいらしてください。また、膣前庭乳頭症という良性疾患で治療を繰り返されている方もいます。陰部の腫瘍性病変はなかなか診断が難しい面もありますので膣前庭乳頭症でかゆみのある方(有症状の方)は治療を行っています。まずはご相談ください。
 
当院1か所で、日帰りですべての部位(外陰、膣、尿道、肛門内)の治療が可能なのが特徴です。広範囲の場合は1回で取り切れないことがありますが、かなりの割合ですべてのコンジローマを取り切ります。(ただし再発することが多いのがコンジローマの特徴です)早めの来院が肝心です。朝9時からまたは昼3時からの手術をお願いしております。
 
従来、液体窒素を用いて凍らせたり、電気メスで切除する方法がとられてきました。凍らせる方法では一度に全部のできものを処理できなかったり、治療として弱い傾向があります。電気メス切除では痛みが強く、患部以外の周辺組織まで焼いてしまうということがありました。
 
当院では医療用のレーザーによる処置を行っています。膣内、肛門内のレーザー治療も日帰りで即日対応しています。レーザーはピンポイントに照射でき、患部のみを正確に焼却することができます。局所麻酔も行いますので、痛みも心配ありません。
麻酔の痛みを気にされる方は、スケジュールや除痛(麻酔)の程度の希望をお伺いし、患部の大きさや範囲を御相談の上、調整させていただきます。
 
すべて保険診療です。また、べセルナ軟膏にて再発ができる限りないよう治療していきます。漢方を併用し再発のない状態を目指します。免疫の強い方は早く治ることもありますが、ほとんどの方はクリームを塗っただけ、ちょっと焼いただけでは治りにくい病気です。しっかり治療をしていきましょう。
 他院で再発を繰り返している方もご相談ください。
 
 
・治療費の目安
 初診時にかかる費用 1万円
 手術費用 2万円程度(手術費+予約料)
 通院   1000円~1万円程度