ミレーナ(IUS)

 
 
ミレーナとは過多月経・月経困難症の治療薬で子宮の中にのみ作用するのが特長です。
 

 子宮の中に入れることでレボノルゲストレルという合成黄体ホルモンがゆっくり持続的に放出される子宮内避妊システム(IUS)です。薬が直接子宮に働くので、内服のピル(ホルモン剤)に比べると副作用が極めて低く、ピル内服で気分不良になった方でもミレーナの装着可能なことが多いです。
また、喫煙者のためピルの内服が出来ない場合でもミレーナの装着は可能です。(当院では禁煙を強く勧めています)
 
 
治療だけでなく経口避妊剤同等以上の避妊効果を持ち、1回の装着で最長5年間の有効性を保持します。
※5年以上の装着は危険を伴うため、必ず年に1度の定期検診を行うことをおすすめします。
 
 通常の避妊リング(IUD)を装着すると月経量が増えるという短所がありましたが、ミレーナは月経困難症(生理痛)や過多月経の症状緩和に非常に有効です。
 
 

上の図のように子宮内膜を薄く保つこと
で、子宮体がんの予防や子宮内膜増殖症の治療にもなると報告されています。
装着後数ヶ月間(約3ヶ月)は月経時期以外に出血が続くことがありますが通常は日数の経過と共に消失します。当院ではそのような不正出血などの症状にも対応し治療します。

過多月経・月経困難症など症状のある方は当院を受診してご相談ください。ミレーナの使用を
検討中の方や、他院でミレーナ装着した方も1年に1回定期的な検診を受けることをおすすめします。定期検診希望の方はこちら
 
 
ミレーナは平成26年9月2日より過多月経、同年11月18日より月経困難症の治療薬として健康保険の適用となりました。保険適用には厳重な診断基準がありますので、医師による診断によって保険適用となるか判断致します。添付文書に沿って治療を行います。
 
 ・子宮外妊娠の既往歴がある女性には投与しないこと
 ・未経産婦には第一選択の避妊法としないこと(当院では経産婦の方に勧めております
 ・器質性過多月経の患者では原疾患の治療を優先すること
 ・子宮内膜症性卵巣のう胞は頻度は低いものの自然経過において悪性化を示唆する報告があるので画像診断や腫瘍マーカー等の検査も行うこと
 
 
 当院ではミレーナを施術を毎日行っております
 保険適応の場合予約料込みで15000円前後 
保険適応外の場合の自由診療料金 (避妊目的でミレーナ装着希望の方)
 ・ミレーナ装着料 40,700(交換の場合は別途抜去料が発生します
 
効果は保険適応の方と同様です
装着をやめると元の状態に戻り妊娠は可能となります
 
 

ミレーナ装着の流れ

 
 
 
 
・不正出血等症状が続く場合はご相談ください
・数ヶ月間で月経量・月経痛は軽減し、装着後1年間で約20%の方が月経が起こらなくなります(月経がなくても問題ありません)
・適宜ホルモン値を測定し、必要な場合は5年ごとの入れ替え(治療終了目安は閉経)